ジョホールバルへの親子留学・移住のことなら

ジョホールバル母子留学体験記

  • HOME »
  • ジョホールバル母子留学体験記

親子留学体験記

ジョホールバルでの生活を振り返って

matsumoto
東京都在住 松本理香子さん
はじめまして、私は現在、夫と6歳になる息子と3人で生活しています。私たち家族は2014年夏から約1年間、シンガポールの対岸に位置するマレーシアのジョホールバルという場所で母子留学という新しいライフスタイルに挑戦してきました。1年間ではありますが、今後母子留学や海外移住などを考えていらっしゃる方のために少しでもお役に立てればという想いで実際に体験したこと、感じたことを書かせて頂きます。

母子留学のきっかけ

意外だった夫からの母子留学の提案

サラリーマンとして働いている夫は平日はもとより週末も出勤することがある状況で、私も息子を保育園に預け平日はパートタイムで働いていました。そんなある日、夫が大学の後輩と会った時に家族をニュージーランドに留学させている話を聞いて、私に「母子で海外留学する選択肢って画期的だと思うのだけどどうだろう?」と提案してきたのです。海外という言葉には程遠い夫からの意外な提案でしたが、私自身も海外で生活する憧れもありましたし、息子の将来を考えて早い時期から海外の生活をさせてグローバルな人間に育ってほしいなと漠然と思っていましたので、「行かせてくれるなら是非行きたい!」と夫と話をしました。

そんな矢先、たまたま「マレーシアが熱い!」というテレビの特集を観た際に母子留学をしている親子が紹介されていて、マレーシアは物価が安く教育では英語はもちろん、中国語も併せて習得できる学校がほとんどで、ジョホールバルが教育特区になってこれからますます注目されるという内容でした。そこから、私たちもマレーシアに関心を持つようになって、まずは現地を見てみたいと一度視察に行くことにしました。2013年5月のことです。

ここまでフットワークが軽かったのはなんといってもアクセスの良さと旅費の安さでした。私たちは東京に住んでいますが、成田空港からシンガポール航空のLCC「スクート航空」で台北を経由してシンガポールに入ったのですが、一人の航空運賃が往復30,000円という安さに驚きました。国内の旅行と変わらない値段で海外に行けるという魅力がありました。

シンガポールに到着して最初の印象は「洗練された都市」でした。さすがアジアの中枢でシンガポールの隣にあるマレーシアはどんなところかますます興味深くなりました。国境を越えられるタクシーに乗り、車内でマレーシアのイミグレーションに到着した時は何もかもが新鮮でワクワクしました。そしていよいよマレーシアへ!シンガポールとはうってかわってアジアの雰囲気を感じました。きれいな建物が立ち並ぶ中、昭和にタイムスリップしたようなところもあり、これから発展していくという感じは微塵もありませんでした。

しかし私はこのゆったりとした雰囲気と穏やかなマレーシアの人々に魅了されていきます。息子を連れてジョホール動物園に行きましたが、そこで現地のご家族に「Welcome Malaysia!」と言って頂いたり、タクシーがつかまらず動物園から市内まで歩いて向かっていたら路線バスが停まって乗せてくれたりと温かさを感じてとても嬉しかったのを思い出します。

食事も私たち家族には合いました。屋台の肉骨茶(バクテー)、その他中華料理、インド料理(カレー)と種類が豊富でとにかく安い!タイガービールを飲みながらおなか一杯食べても2000円くらいでした。

いよいよ学校見学です。マレーシアの子供たちはどういう学校生活を送っているのか興味津々でした。3件のインターナショナルスクールへ見学に行きましたが、生徒さんが何人もすれ違いざまににこっと私たちに挨拶してくれとても嬉しかったです。マレーシアの子供たちは日本の子供より子供らしいというか、ませてないなという印象でした。初めてのマレーシアですっかり魅了された私たちは来年行くことを目標にして帰国しました。

次のページ

ご質問はこちらまで TEL 0120-345-559 運営/株式会社荒木隆事務所
受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.