ジョホールバルへの親子留学・移住のことなら

母子留学体験記(2)

母子留学の決断

勢いが大事、とにかく行ってみる!

2014年のゴールデンウイークに夫から「息子も8月からマレーシアの学校では1年生になるし、区切りもいいところで決断してみては?」と話がありました。私は息子と2人で生活するという不安が大きかったのですが、息子の将来のことと、昨年行った際の良いイメージも手伝って挑戦してみようという気持ちになりました。夫婦の決断のもと6月にはジョホールバルに物件と学校を決めに再び向かいました。

学校選び

フェアビューインターナショナルスクール私たちの学校(インターナショナルスクール)選びの条件は、やはり日本よりも学費が安いインターナショナルスクールでかつ、日本人の生徒が少ない学校。息子自身の英語力はまったくといっていいほどなかったので、それを受け入れてくれるインターナショナルスクールという条件でした。ジョホールバルはクアラルンプールに比べてインターナショナルスクールが少ないですが、その中での学校選びは情報だけで判断するのではなく実際に見学することと、可能であれば実際に通っているお子さんを持つご家族から学校の様子や、授業の内容を聞けることができれば少しは雰囲気がつかめるかもしれません。

実際にインターナショナルスクールに通わせてみて、親として「こうじゃなかった、ああじゃなかった」と言う愚痴や不満・文句は必ずあると思います。先生への不満や授業の内容など、日本であろうが海外であろうがやはり同じ人間、まだまだ未熟な先生もいらっしゃれば、ベテランで魅力的な先生に会えるかもしれないですし、そればかりは学校全体のイメージや雰囲気にとらわれることなく。お子さんに合うインターナショナルスクールが見つかれば良いのではないのかなと思います。

また、日本と違って転校なんてよくあることだと言うような情報も一部で流れていますが、実際に現地のママから話を聞いたところ、気に入らないからといってすぐに転校させたりはしないと聞きました。しかしながら全く無いかと言えば経済的なことや、子供が学校になじめないなど転校に関しては慎重です。そこは日本人の親の感覚とさほど変わらないのではと思います。

現地での生活

住居に関して

ex-pool住居に関してですが、お子さんがインターナショナルスクールへ通われる場合は毎日の送り迎えもしくはスクールバスを利用したとしても学校の近くをおすすめします。私は学校から片道10分(約11km)の距離に住んでしましたが、渋滞などに引っかかると身動き取れなくなり遅刻してしまいます。朝は皆せわしなく苛立ったりすることもあり、時間の余裕が取れることを優先して学校の近くに住むことが今回の経験で良いと思いました。

家賃は我が家が借りていたアパートメントの場合、3ベットルームの家具・家電付き、プール、ジム、テニスコート、ミニマート(売店)など至れり尽くせりの環境で1700リンギット(約47,600円 2015年9月現在)でした。日本人も少なく、セキュリティも24時間体制で治安の良いアパートメントでした。

しかし、最初の初期費用が思ったよりも多くかかってしまいました。デポジットと呼ばれる保証金と敷金的なものと当月家賃併せて5カ月分は支払いました。日本の契約の仕方とは違うので現地の不動産エージェントへ余計な支払いをしないようにご注意ください。

現地での買い物に関して

マレーシアでの買い物一番気になる現地での買い物ですがイオンがあるので日本食の材料も手軽に入りますし、100円ショップも充実しているので日常使うものを日本からわざわざ運ぶ必要もなく便利でした。ほかにはジャイアント・テスコという大型スーパーがあり、イオンより比較的安く購入できるので、私はほとんどの日用品をどちらかのお店で購入していました。

また、現地での生活に慣れれば早朝から開くパサ(市場)で安くて新鮮な野菜に、魚介類・肉などが購入できるのでお勧めです。外食も(ホーカー)屋台であれば1食150円くらいから食べようと思えば食べれますし日本人の経営する日本食のお店も最近増えてきているので食生活に困ることはさほどないかと思われます。やはり物価が日本よりも安いとはいえ、日本食・イタリアンなどの本格的なお店となると日本と同じくらいの金額がかかってしまいます。各ご家庭での予算もあるでしょうから色々と工夫されると良いと思います。

ジョホールバルは車社会

日本から来ている方はほとんどが車を所有されていますが、我が家はレンタカーを借りていました。長期で滞在されるのならば購入を考えられた方が良いでしょうし、1〜2年の滞在であれば私のようにレンタカーでも良いかもしれません。ちなみに最近はレンタカー会社も以前より増えたようで、価格競争のためか安くレンタルしてくれる会社も増えつつあるようです。私は月900リンギット(約25,000円)で借りることができました。

運転のマナーについてですが驚くほど悪いです!スピードは出すし、後ろから煽るのも当たり前、事故もたくさん起きています。私自身も渋滞にひっかかり後ろからぶつけられました。私は幸いぶつけてきた人から『あなたのせいだ!』と言われなく良かったですが、中には自分が悪くなくても人のせいにする人もいるので気をつけてください。

また、怪我人がいなければ警察に通報することもないので自分で各自警察署に出向き、ポリスレポートを書いてもらいに行き修理に出すという進め方にビックリしました。

そんなこともあり毎日の運転のことなのでその時は気分がだいぶ落ち込みましたが、ずっとそんなこと考えてもしょうがないので前向きに考えるようにしていました。車を所有しなくともウーバーという全世界で利用されているハイヤーの配車サービスアプリを上手く活用して無駄な出費を抑えている方もいます。

次のページ

ご質問はこちらまで TEL 0120-345-559 運営/株式会社荒木隆事務所
受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.