ジョホールバルへの親子留学・移住のことなら

ビザについて

  • HOME »
  • ビザについて

MM2H・保護者ビザについて

ビザ

MM2H日本国外において外国人である日本人がその国に長期滞在するためには、滞在ビザが必要です。マレーシアに親子留学する場合も同様に、留学生ビザや保護者ビザ、MM2Hビザ(マレーシア固有の長期滞在ビザ)や就労ビザがないと、インターナショナルスクールに通うことや住むことができません。
 マレーシアではMM2Hビザ(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム)という長期滞在ビザが有名で、不動産を購入する場合に現地銀行でローンが組めたり、自動車をTAX Freeで購入できたりと色々特典はあるのですが、収入要件や資産要件、そして高額の定期預金を開設しなければならないなど条件が厳しいため、一般的な親子留学の場合、子供は留学生ビザ(students pass)親は保護者ビザ(guardian pass)で十分です。
 また、母親・就学生(6歳〜18歳)・未就学児(0歳〜5歳)の3人で親子留学する場合、学生ビザに保護者ビザと未就学児ビザを付属させることも可能です。ビザ取得の順番は、

インターナショナルスクールに入学し留学生ビザの申請を学校からします
留学生ビザが交付されたらその後、保護者ビザの申請を自分で行います

1つの留学生ビザに付属させることができる保護者ビザは1つだけです。(留学生ビザが2つあれば、父と母両方の保護者ビザが取得可能です)費用はおおよそ3万円程度です。

MM2Hビザの概要

マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム(MM2H)は、一定の基準を充たす外国人に「数次入国社交訪問パス(multiple-entry social visit pass)」を初回から10年の期間のもので、更新可能です。 【資格】 このプログラムでは申請者は配偶者、両親、子女を帯同することが可能です。申請者は配偶者、21歳未満の未婚の子女、60歳以上の両親を帯同することを許されます。

【1】50歳未満の申請者は500,000リンギ以上の流動資産及び一月10,000リンギ以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要です。

【2】50歳以上の申請者は350,000リンギ以上の流動資産及び一月10,000リンギ以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要です。引退された方は政府の承認のある年金基金より一月10,000リンギ以上の年金収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要です。(※)財務的証拠とは現金、預金、債券、有価証券又はその他の資産の形態であることが認められます。

【3】マレーシアで1,000,000リンギ以上の不動産を購入した新規申請者は、承認により低い金額の定期預金を積むことを許されます。 ※<訳者註>年金が10,000リンギ未満の年金者でも流動資産350,000リンギを満足すれば申請は受理されます。年金10,000リンギ以上の場合は承認時の定期預金RM150,000を免除されます。 マレーシア移民局から「条件付き承認書」を入手した承認者は下記の財務的基準を充たす事が必要です。

50歳未満

◆300,000リンギの定期預金勘定を開設する。
◆一年を経過したら150,000リンギまでを、家屋の購入、マレーシアでの子女の教育、医療費用などの認められた支出の為に引き出すことができます。
◆150,000リンギ以上の残額を、2年目以降このプログラムによりマレーシアに居住期間中維持せねばなりません。
◆マレーシアで1,000,000リンギ以上の不動産を購入、保有した参加者は、その不動産に対する支払いが完了し、譲渡証書(Grant)や土地権利証書(Land Title)などの権利書が発行されている事を条件として、基本的な定期預金150,000リンギの 規定を充たすことができます。この金額はMM2HPの参加を停止するまで引き下ろす事は できません。

50歳以上

◆下記のいずれかを選ぶことができます。
 ・150,000リンギの定期預金を開設。又は政府で承認された年金基金からの(一月)10,000リンギの証拠を提示する
◆一年を経過したら定期預金で基準をクリアした人は50,000リンギまでを、家屋の購入、マレーシアでの子女の教育、医療費用などの認められた支出の為に引き出すことができます。
◆100,000リンギ以上の残額を、2年目以降このプログラムによりマレーシアに居住期間中維持せねばなりません。
◆マレーシアで1,000,000リンギ以上の不動産を購入、保有した参加者は、基本的な 定期預金100,000リンギで必要を充たすことができます。この金額はMM2HPの参加を停止するまで引き下ろす事はできません。
マレーシアで1,000,000リンギ以上の不動産を購入、保有した参加者は、その不動産に対する支払いが完了し、譲渡証書(Grant)や土地権利証書(Land Title)など の権利書が発行されている事を条件として、基本的な定期預金100,000リンギの規定を 充たすことができます。この金額はMM2HPの参加を停止するまで引き下ろす事はできません。

各種ビザ申請相談・代行

当事務所では各種ビザの申請相談・代行も承っております。(要別途費用)お気軽にメールにてお問い合わせください。

ご質問はこちらまで TEL 0120-345-559 運営/株式会社荒木隆事務所
受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.